夢中になった本の紹介

読書好きであれば「この人の本が好き!」って思える人がいると思います。

 

僕も好きな著者はたくさんいますが、特に印象に残っているのが渡邉 美樹さんです。

 

まだ僕が20代前半の若造の頃に、たまたま本屋さんで出会ったのが渡邉 美樹さんの本でした。

 

恋愛小説しか読んだことがなかった僕でしたが、渡邉 美樹さんの本(タイトル)に惹かれ読んでみたところ、

 

目から鱗(うろこ)

 

でした!

 

そんな渡邉 美樹さんの本について紹介していきます!!

 

 

渡邉 美樹さんってこんな人

 

少し前まではメディアでお騒がせな人でしたが、僕が本を読んでいたときは、あんまりテレビとかには出ていなかった気がします。

 

一応、ウィキペディアの経歴を載せときますね。

 

渡邉 美樹(わたなべ みき、男性1959年10月5日 - )は、日本実業家、政治家。ワタミ株式会社創業者[1]学校法人郁文館夢学園理事長[1]岸和田盈進会病院理事長[1]、一般社団法人ソーシャルビジネス・ドリームパートナーズ代表理事

ワタミ株式会社の創業者で、過去に同社代表取締役の他、参議院議員(1期)、教育再生会議安倍内閣)委員、神奈川県教育委員会委員を2006年(平成18年)10月14日[2]から2009年(平成21年)10月30日まで[3]務めた。

オススメ本

 ①夢に日付を!

 

著者からのコメント

「手帳の本」の出版依頼を受けた時、今、流行りの手帳の書き方といったノウハウ本をイメージしてしまい、即座に断ろうと思いました。手帳の使い方なんて、「人それぞれに工夫して、自分が使いやすい方法を自ら見つければいい」が、私の持論だったからです。
 しかし、「手帳の使い方」は書くことはできないけども、「一つの生き方の提案」は書くことができると思い、依頼を引き受けることとしました。
 なぜなら、この「手帳」のおかげで、今までの私の夢がカタチになってきているからです。
 私は24歳で起業し、多くのことに取り組んできました。本書では、この22年間に事業を通してさせて頂いてきたことを、手帳という切り口から表現しています。結果として、手帳のノウハウ本でなく、生き方のノウホワイ本ができあがりました。
 この本を読んだことで、あなたが幸せに生きられるよう、夢が叶うよう願っています。

 

今まで手帳の使い方は、ただ予定を書くツールとしか思っていませんでした。

 

でも、この本を読んでからは、手帳とは夢を叶えるツールなんだと考え方が変わりました!

 

もちろん今でも夢を書き込んでいますが、叶っていないのは何故でしょう・・・。

 

② きみはなぜ働くか。

 

内容(「BOOK」データベースより)

一度の人生を無駄にするな!ワタミ創業者が熱く問う、「シゴト」と「生き方」のルール。

 

まだ学生気分の抜けきっていなかった20代。

 

ただ遊ぶお金欲しさに働いていた頃に出会った本です。

 

仕事への本気度が伝わってくるし、温かい気持ちにもなれる一冊です。

 

③夢のスイッチ

内容(「BOOK」データベースより)

夢なんか追わなくてもいい―。君の心の中にスイッチがあることを知ってほしい。ロングセラー『渡邉美樹の夢に日付を!』では語られなかったまず1歩を踏み出すために大切なこと。

あなたの夢は何ですか?

 

金持ちになって、裕福な暮らしをすることです!

 

なんて思っていた自分が情けなくなった一冊です。

 

人生で何をしたいのか?

 

人生で何を残したいのか?

 

そんなことを考えさせられる一冊でした。

 

まとめ

 

渡邉 美樹さんと検索してみると、あまり良いイメージが湧かないと思いますが、純粋に本の内容を知識として身に着けるのあれば、最適だと思います。

 

ネットの情報に惑わされず(このブログもネットですが・・・)、ぜひ読んでみてください。

 

本当に渡邉 美樹さんの本は良い本ですよー。